とりあえず春っぽく。

2013年07月07日

すてぃるつゆ

2013070613190000.JPG

 荒れ模様なタナバタ・イブ。
 急に激しく振って、やんで。


 お隣ラボの同い年の留学生さんと研究を語らってみたり。
 M1さんが持ってきた山形さくらんぼ(びっくりするくらい甘い)の差し入れを嗜んだり。
 最近恒例だけどM2の留学生さんと議論したり、大阪の値切り文化を教えたり(僕はできないが)。
 いつも通りの研究室ライフ。


 実験の和音刺激を見直してみたらそれが「アタリ」で、展開形の議論を避けることができそう。
 僕のやろうとしている和音のもつ期待感は、音楽の認知を研究しているひとなら一度は考えるテーマだと思うし、実際に今でも挑戦しているひとたちがいる(らしい)雰囲気は発表テーマや研究資金申請の様子を見ればわかる。でもどうして婉曲的なアプローチばかりなのか、と思ってたけど、直接攻め込むには超えなきゃいけない関門がいっぱいあるからだと、実際にやってみてわかった。
 今日は刺激のほかに、ボタン・レスポンスの使い方にもテクニックを入れてみたけど、計算モデルの設計から実験デザインまで至るところで、これでもか、というくらい発想の切り替えが必要。

 結局4時近くまで研究。
 …楽しいからいいけど、いいのかな。
posted by まりもん星人 at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする